空き家を貸す

空き家は資産、それを無駄にさせないでください!

家は人が住んでも劣化するもの。それが空き家となれば劣化も急速に進み、維持や管理にかかる手間も費用も大きくなると共に資産価値をも失ってしまいます。また劣化が原因で周辺住民を巻き込んでしまう事故やいたずら、事件になる恐れや、人に多大な迷惑をかけてしまう事もあり行政も空き家減少に向けた取り組みを始めました。空き家を持つと多くの不安を抱え込む事となり、今後の事を考えると売却しようか解体するか、賃貸にしようかといった難しい選択と現実に迫られます。

賃貸にするメリット・デメリットを知ろう!

手間や維持費の事を考えた時、空き家を残しておく事にストレスを感じるなら、空き家を賃貸にする事で問題を解消する事ができます。事故や事件を防ぐ事もできますし人に迷惑をかける事もなくなり気持ち的にも楽になるでしょう。そして最大のプラスが毎月の賃料収入。物件の間取りや立地によって変わりますが、毎月決まった額の収入が期待できます。これが売却となった場合なら空き家を手放す事になりますが、賃貸にすれば資産として残し続ける事が可能であり、賃貸借契約の内容によっては将来、自分の子供たちが住む事もできます(※①)。ただデメリットもあり、空き家の状態によっては賃貸に出す前にリフォームを行わなければならない場合があります。そのまま入居できる状態ならいいのですが、例え短期間でも空き家となっていると、人が住んでいる状態での劣化より傷み方もスピードも違い、思いもかけない部分の修繕が必要になる事があります。他にも庭があればその手入れ、家全体が汚れていればハウスクリーニングなど、それなりの出費を覚悟して準備する必要があります。更に入居者の家賃滞納などのトラブルがあるかもしれませんし、入居者が出た後、次の入居者が決まるまでは空室状態となり、その間の家賃収入を得る事ができません。

※①通常、子供を住まわせるために現在の入居者を立ち退かせる場合は「立退き料」が発生する場合があります。

空き家は資産、専門的サポートが必要です。

放置していると様々な問題と向き合う必要があり、精神的にもしんどい事もある空き家ですが、有効活用すれば大きなプラスにもなる大切な「資産」となります。賃貸にするにしても不動産会社や地方公共団体への査定を依頼し適正な家賃を決定したり、入居者との契約を「定期借家契約」か「普通借家契約」のどちらにするかなど、手続をする中でも多くの専門的な知識やサポートが必要となります。また他の手段を選択するにしても同じように知識が必要です。繰り返しますが空き家は「資産」。だからこそ真剣に考え、あなた自身が納得のいく活用法を導かなければいけません。ですからどんな些細な事でも聞いてみたい、知りたいという事があれば、ぜひご相談ください!後悔のない賃貸運用、空き家の活用法をご提案します!

お問合せはコチラまで 0744-47-2385

お問い合わせ

以下のフォームにご記入いただきましたら「送信確認」ボタンを押してください。
後ほど、担当者よりご連絡を差し上げます。

は必須事項です

お名前
ご住所
電話番号
メールアドレス
例:sample@example.com
お問い合わせ内容

このページの先頭へ