空き家の建て替え・リフォーム

空き家の建替、リフォームが今、注目されています!

空き家をそのままにしておけば、維持・管理のための手間と出費をはじめ、事故や事件に巻き込まれたり、空き家の状態によっては税金の軽減措置の解除といった大きなリスクを背負う事につながる事から、今、建替やリフォームによる空き家の新しい可能性の模索と有効活用に注目が集まっています。家は住んでなくても劣化し課税もされます。そこで売却や賃貸という手段を考えても劣化したままの状態では買い手も借り手も見つかりません。そう考えると、手元に残すも手放すも空き家に何かしら手を加える事は“必然”な事ではないでしょうか?

同じ出費をするなら無駄なく!

建替やリフォームをする最大のメリットは、売却でも賃貸でも相応の「価値」を付ける事ができ、また自分が住む事になっても「資産としての価値」をアップさせる事ができます。
さらに事故や犯罪につながるリスクを抑える事もでき、この事は近年行政が空き家対策に積極的に取り組んでいる事から安全で住みよい街づくりの一つとして、これから空き家保有者には必ず改善・対応が求められる避けては通れないものでしょう。デメリットとしては、やはり費用の持ち出しがある事。特に親から相続した空き家なら築年数が経っている事から手を加える箇所も多いと考えられます。これが数年間、放置していた空き家なら建替に近いものになるかもしれません。さらに家が建てられた時期が1981年以前だった場合、旧耐震基準で設計されている事から耐震補強工事も追加で必要となります。ひと言で建替やリフォームといっても築年数や劣化具合、家の使い方によって内容も様々ですから、状態を調べ、これから空き家をどうしていくのかを考え、建替かリフォームなのかを決めていく事が必要です。選択肢を持ち柔軟に考え無駄のない出費につなげましょう。

不安やお悩みがあれば、どんな事でもお聞かせください!

近年、空き家の数は増加傾向にあり、今後も空き家率は高くなると予想されます。それは人の暮らしの変化から影響を受けているかもしれません。一昔前の日本は結婚してからも親と同居する事が珍しくなく、また兄弟も多かった事もあり誰かが実家を継ぐといった家庭が多くありました。しかし少子化社会となり、実家を出た子供たちが出先で自分の家を持つようになった事から、実家を相続してもすぐに戻る事もなく、空き家にするしかない状態となるのです。そして気づけば月日も経ち、家の劣化も進み維持費ばかりが重なり、様子を見にいく足も遠のいてしまう悪循環が生まれるのです。しかし空き家は大切な「資産」であり、よりよい資産運用の手だてを考える事は相続した方の責任ではないでしょうか?そう思うからこそ私たちは、奈良県内であれば提携する専門業者と共にお伺いしてどんな小さな事にも提案やアドバイスをさせていただき、さらに建て替えやリフォームが決まれば、その仕様や間取りの打ち合わせやローンの申し込みなどもサポートするなど、請負契約から引き渡しまで責任を持って対応します!どうしようかと悩む前に、ぜひ私たちにお話ください!

お問合せはコチラまで 0744-47-2385

お問い合わせ

以下のフォームにご記入いただきましたら「送信確認」ボタンを押してください。
後ほど、担当者よりご連絡を差し上げます。

は必須事項です

お名前
ご住所
電話番号
メールアドレス
例:sample@example.com
お問い合わせ内容

このページの先頭へ